改善と予防で理想の体に

CONCEPT

患者様が訴える症状は何が起きているのか初めに判断して、どのくらいの来院ペースで、どのくらいの期間治療すれば、どのくらいまで改善するのか、これらをお伝えしています。病態の把握や損傷程度を知るために高度医療機関と連携もしています。

年齢的なものや損傷程度によっては、どうしても完全には改善できない症状もあります。それらも含めて、患者様が何を治療していくべきなのかをご理解いただけるように努めています。


コンディショニング

肩・腰・膝などの痛みをからだの原則原理に基づいて計画的に改善します

柔軟性

人が手を伸ばしてモノをとるときは、腰・肩・肘・手首はそれぞれが適度に曲がったり伸びたりして、モノをとることができます。歩行動作は、骨盤と股関節の動きに合わせて上半身が上手く動くことで歩行動作が完成します。

それぞれが必要な動きをするために動かない、伸びない関節では、正しい動作ができないどころか各部位に必要以上に負担がかかるため、柔軟性が必要となってきます。

安定性

安定性は、正しい動作・負担をかけない動作を行うときに必ず必要です。必要な時に必要な筋肉が使われて、呼吸や歩行動作などの日常生活動作が行われます。正しい動作ができる人とできない人は、同じ動作で使われる筋肉が違います。生活の中の呼吸や歩行動作は、人とくらべる機会が少なく、知らないうちに安定性が失われいることがあります。

必要なのは、この2つの両立です

トレーニングや運動の後に痛みが出たり、いつも同じところが痛くなることはありませんか。
ストレッチでなかなか柔らかくならない、体が硬くて正しいフォームができないなど、歩行・寝返り・立ち上がりなど日常生活の基本動作を見直し、負担のかかりにくい身体を目指します。

コンディショニングとは


プログラム終了後の実績

効果には個人差があります

首・肩改善プログラム

長年、肩こり・腰痛で悩んでいましたが、原因であった猫背を改善することで肩こり・腰痛を解消され、家事や育児が楽になりました。

歩行・ランニング改善プログラム

右肩・右足に違和感がありました。原因が体重のかかる方向が片寄っていたことだと分かり、歩き方や筋肉の使い方を正しくすることで違和感が解消されました。

投球・キック動作改善プログラム

投球動作でボールが抜けてしまう癖がありましたが、おしりやお腹を正しく使うことでボールにしっかり力が入るようになりました。

お客様の声


店舗紹介

安永整骨院

痛みの改善は、手の感覚を大切にしています。関節、筋肉に触れた感覚が、原因解明の一番の手段です。その感覚を元に、治療の手段を決定します。治療手段と方法が決まったら、どのくらいの期間で改善するのかをしっかり提案します。

リーブス

正しく歩き、正しく呼吸する。これが出来て、日常生活の動作が快適になり、ジムでのトレーニングやゴルフ、野球、サッカーなどのパフォーマンスが向上します。間違った、姿勢や動作では100%の力は発揮できません。


  • 足首の痛み(ねんざ,不安定症,下肢深部静脈血栓症・眼球運動との関係)
    2019/07/29

    足首の痛み(ねんざ,不安定症,下肢深部静脈血栓症・眼球運動との関係)

     足首の痛みは怪我による痛み,一番多いのは捻挫だと思いますが,ただ足首を捻ったと言っても骨折の場合もあれば,靭帯が引き伸ばされて傷ついてしまうこともあります。今…

  • ランニングフォームの改善
    2019/01/17

    ランニングフォームの改善

      アナと雪の女王のオラフをご存知でしょうか。頭と体その下にもう一つの雪玉と3つに分かれています。日本の雪だるまは、頭と体の2つだけですが、アメリカで作られる…


  • 福岡マラソン 
    2019/11/11

    福岡マラソン 

       11月10日は福岡県柔道整復師会で福岡マラソンのゴールの糸島にランナー向けのケアブースをだして、走り終わったランナーのコンディショニングを行いました。走り…

  • インソールの講習で横浜にいってきました
    2019/10/09

    インソールの講習で横浜にいってきました

    久しぶりに整骨院を休診にしてインソールの勉強に横浜に行ってきました!   今回、インソールの勉強に行ってみて、商品もインソールの作り方もいろん…



このページのトップへ