HOME > コラム

コラム

足首の痛み(ねんざ,不安定症,下肢深部静脈血栓症・眼球運動との関係)

 足首の痛みは怪我による痛み,一番多いのは捻挫だと思いますが,ただ足首を捻ったと言っても骨折の場合もあれば,靭帯が引き伸ばされて傷ついてしまうこともあります。今回は,捻挫の痛みの他に,捻挫で靭帯が伸びてまって関節の緩みが残ってしまった時に起こる,関節の不安定症についてです。
 足首を捻ってしまった時に,まず,思い浮かぶのは「骨は大丈夫?」だと思います。骨にヒビが入ってたり,折れてしまうとレントゲンの画像を定期的に撮影して経過観察し,骨が治って痛みが取れてら完治となります。しかし,骨なのか靭帯なのか痛めてしまった箇所や症状は,どのくらいなの程度かわからないと治療が始められません。そこで,多くの医療機関で使われいるのが,カナダの病院で考えられたレントゲンを撮るか撮らないかを決める基準です。

 骨折が多く疑われる骨を押してみて痛みがあるか,痛みが出た直後に歩けていたかなどが判断基準になります。いくつかの判断基準で,骨折を疑いながら診ていくとレントゲンを撮らなくても骨折がない確率が10%程度まで減らすことができます。

 次に,足関節の不安定症です。足関節の捻挫を経験すると3人に1人が靭帯が伸びてしまい,関節の緩みが出てしまいます。慢性的な足関節不安定症の判断はエコーが有効という結果が発表されています。人が歩く時には,まず,足の裏が地面に着地します。一般的に良い歩行とされますが,土踏まずや足先で着地する人も時々みかけます。足の裏が地面に着くと始めに体を支えるのは,足首です。その足首が緩く,安定していないと,腰やお腹と体を支える部分の負担が増えてしまい,体全体のバランスに影響を及ぼすともいわれています。

 下肢深部静脈血栓症をご存知でしょうか?エコノミー症候群とも言われていて,以前このエコノミー症候群になったサッカー選手が大事な国際大会に出場できなかったのを思い出します。この話を聞いた時は,捻挫とエコノミー症候群が関係あるのか分かりませんでした。しかし,下肢深部静脈血栓症を発症した人の多くが,4週間以内に足先からふくらはぎにかけての怪我(筋肉や靭帯の部分断裂)を受傷しているという研究結果が発表されています。

 スポーツ選手は,エコノミー症候群になりにくいというデータもありますが,希とはいえ急な症状の変化は見逃さずに治療を進めなければいけません。特に下肢深部静脈は,命に関わるので慎重な判断が必要です。

 眼球運動は目線を動かして文字などを認識するための役割もありますが,地面または自分の手の位置などを確認して,体や足の筋肉をどのように使うべきかを判断しています。ただ歩くだけでも,地面の環境が違っていたり,何かを持った状態で歩いたり,何かを避けなければいけなかったり,目線は様々な物を判断しています。足関節の捻挫は,筋肉や関節の硬さのバランスが低下しているともともと硬くなった足首に負担がかかり転けてしまったり,平衡感覚など神経伝達のバランスが低下している状態で,スポーツなど運動をすると転けてしまうことで起こります。
 
 そこで,ビジョントレーニングは,体全体のバランスを整えたり,倒れそうになった時にバランスよく転けないようにする意味でもとても,効果的だと言われています。

 足首の痛み,レントゲンだけでは判断できるものが少ないので,その人の生活の環境やからだ全体の使い方を判断しないと分からないことがたくさんあります。

ランニングフォームの改善


  アナと雪の女王のオラフをご存知でしょうか。頭と体その下にもう一つの雪玉と3つに分かれています。日本の雪だるまは、頭と体の2つだけですが、アメリカで作られる雪だるまは、オラフの様に3つに分かれているのが一般的だそうです。この3つに分かれたつなぎ目、一番上が頭で、真ん中が体、一番下が足に例えると、からだの向きを表現するときに分かりやすいと聞いたことがあります。
  人は、歩行やランニングの時、肩と腰は互いに反対側に捻れています。4人がランニングしている写真の中で、それぞれ比べて見ると雪だるまが全部1つの方向を向いている人がいるのが分かりますか?一番左の人は、肩と腰の高さも正しい動きではありません。
  例えば、4人の人がこのあと野球をしてボールを投げたとすると、ランニングの時にからだの支えが間違っているとボールを投げる時にも支えは間違った方向になるでしょう。左半身を支えなければいけない、右半身の支えが効いてなければ、左の腰、肩は下がり腕を上手く使うことが出来なくなることも考えられます。また、正しい支えがなければ、からだはブレて目線は定まらず、コントロールを失ってしまいます。
  走ることと投げることには、共通の見立てが出来る部分が多くあります。しっかりと正しくからだを支えることが大切です。

膝の痛み



 ときどき患者さんに相談されることがあります。膝の痛みは、軟骨が減っているから手術を勧めらるというものです。インターネットで検索すると、加齢や肥満、筋力不足などが軟骨をすり減らす原因だそうです。手術をしたら痛みが取れるのしょうか。
 膝の周りには、お皿の上や太ももの骨とスネの骨の間などに癒着をおこす場所がたくさんあります。膝は、曲げ伸ばしの時に内側と外側に捻れながら動いています。癒着で動かなくなった関節は半月板が正しく動かなくなりさらに負担が大きくなります。学生の頃に膝の半月板を痛めて手術をした経験がありますが、手術後のリハビリでも曲げ伸ばしの角度を測られますが、回旋の角度は測られませんでした。
 そもそも、痛みがでる膝に軟骨がすり減るほどの負担をかけたのは、何が原因でしょうか。加齢でも肥満でもないと思います。筋力不足は少し考慮した方が良いと思いますが、膝にかかる重心を解決しないことには、手術をして綺麗になった関節にまた手術前と同じ負担がかかってしまいます。例えば、左のお尻の筋肉が硬くて歩行が上手くいかない、右のお尻の筋肉が使えないので歩行が上手くいかないといった、重心の改善が必要だと思います。
 手術を考えられる前に、癒着や歩行など先に改善してみるべきではないでしょうか。

足の痛み 足底筋膜炎

 少し肌寒くなってきて体を動かすにはちょうど良い季節になりました。ふだん体を動かさない方が急にウォーキングを始めたりすると痛みだす踵(かかと)。老化だからしかたないという事も聞いたりしますが本当でしょうか?
 足底筋膜炎というと足の裏の筋肉が硬くなり踵で炎症を起こす症状ですが、踵からは少し離れていますが股関節や骨盤から膝や足首がちゃんと動いているかを診ていくのが解決の早道のようです。患者さんに説明するとよく驚かれますが、足首からつま先までには沢山の骨があり2つの関節があります。足先を捻ったりスライドしたりしています。関節の硬さが筋肉の硬さにつながっています。関節の硬さは、原因がいくつかありますが、ストレッチで解決しない硬さは、筋肉や関節包の癒着が原因かもしれません。癒着で動かない関節や筋肉は治療が必要です。
 老化だからしかたない、運動したからしかたないと諦める前に、関節が正しく動いているか確認してみましょう。

WEBサイトをリニューアルしました

WEBサイトをリニューアルしました。
今後とも安永整骨院をよろしくお願いいたします。


1

アーカイブ

このページのトップへ