HOME > コラム > 足の痛み 足底筋膜炎

コラム

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

足の痛み 足底筋膜炎

 少し肌寒くなってきて体を動かすにはちょうど良い季節になりました。ふだん体を動かさない方が急にウォーキングを始めたりすると痛みだす踵(かかと)。老化だからしかたないという事も聞いたりしますが本当でしょうか?
 足底筋膜炎というと足の裏の筋肉が硬くなり踵で炎症を起こす症状ですが、踵からは少し離れていますが股関節や骨盤から膝や足首がちゃんと動いているかを診ていくのが解決の早道のようです。患者さんに説明するとよく驚かれますが、足首からつま先までには沢山の骨があり2つの関節があります。足先を捻ったりスライドしたりしています。関節の硬さが筋肉の硬さにつながっています。関節の硬さは、原因がいくつかありますが、ストレッチで解決しない硬さは、筋肉や関節包の癒着が原因かもしれません。癒着で動かない関節や筋肉は治療が必要です。
 老化だからしかたない、運動したからしかたないと諦める前に、関節が正しく動いているか確認してみましょう。

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ