HOME > お悩みの症状 > 子どもに多い痛み

お悩みの症状

子どもに多い痛み

オスグッド(オスグッド・シュラッター病)

脛骨(スネの骨)が太ももの筋肉に引っ張られて痛みを出すことで有名です。また,一般的には「成長痛」と言われるお母さんもおられます。  成長痛は『子どもは骨が未発達なのに活発に動き,疲れが溜まり痛みがでる」とインターネットでも検索されますが,「骨の成長とは無関係」とも検索すると出てきます。骨が未発達で大人とは少し症状の状態が違う,しかし,骨の形状を変化させる負担は,股関節の動きの制限や胸郭(肋骨や胸の骨)の動きの制限が,ランニングの動作など日常生活の中での動作で負担をかけて,筋肉が硬く伸びなるためにスネの骨を引っ張りオスグッドを起こします。


このページのトップへ