HOME > お悩みの症状 >

お悩みの症状

腱板炎

 肩関節の動きが悪くなると関節に炎症がおきます。炎症がひどくなると,ペンを持ったり,コップを持つだけでも痛みがひどく動かせなくなります。
 まず,腱板の炎症か,肩関節の中が石灰化(関節の中のカルシウムが溜まり骨の様に硬くなる)が原因か,見分ける必要があります。
 腱板炎,つまり炎症がひどいだけであれば,当院の治療は24時間自宅や職場でもかけられる携帯型の治療器を使い炎症を抑えます。その時は,アームスリングと言われる,腕の骨折などの時に使うバンドで安静にしてもらいます。
 腱板炎の場合は,約1週間電気治療とバンドによる安静状態が保たれると必ず痛みが治まります。その後に,炎症を起こすからだの動作の改善を行いますが,この時期には肩を動かした時の痛みは治まっていますので動きの改善は安心して受けることができます。

このページのトップへ